今回のナイトくん(仮名)は、後々にもネタを提供してくれます。