はじめのころはまんまと騙されて、わあ、なんてやさしい子!なんて思っていましたが、ママの分と言いつつ、自分が食べたいものを選んでるんです。

味で迷ったときも「パパの分」とか言って2種類買おうとします。