目が本気。

今思うと、大阪城の梅林だったので、近所の公園の石とは少し違っていたのかもしれません。