この前、娘のもっちゃんが5歳になった時の漫画を描きました。

 それはこちら↓

http://marumoto.blog.jp/archives/9372498.html

 

去年の秋ぐらいの話です。

 

本日は僕、丸本チンタが5歳の時の思い出話です。

 

 

 母親のウミ子に確認したところ、僕が5歳になった直後のことらしいです。

 

スーパーで一緒に買い物中に、たしかウミ子に怒られたか注意されたんです。

 

その中で、

「まだ一人で電車にも乗れない子供なのに・・・」

と言われて、

電車ぐらい

一人で乗れるわい、とこういう行動をとったのでした。

 

最近だと幼稚園や保育園に通っている年頃の子供が一人でうろうろしていると、なんだか少し怖かったりしますが、僕が子供の頃(30年以上前)の僕が住んでいた地域では、幼稚園児でも一人で結構な距離を歩いたり自転車に乗って友達のうちまで行っていました。

 

さらに、その当時僕が住んでいたところは大学が近く、ゲームセンターなどもいっぱいあり、(当時、個人用ゲーム機はさほど普及していなかった)幼稚園児でも一人で小銭を持ってゲームをしに行く感じでした。一人で行動していたんですね。

 

そういうこともあって、母親ウミ子は僕がいなくなったあと周辺を探して、いないとわかると、叱ったので一人で家に帰ったものだと思ったらしいです。

 

ところが、家にもいないので、失踪直前の会話から電車に乗って行くならあの知り合いの家と推測したみたいです。

 

僕がその知り合いのお家に到着してからすぐに母親から電話がかかってきました。

 

自分に子供ができて娘が5歳になってはじめて、そのとき自分がしたことにゾッとしました。

 

5歳ぐらいの子供って、親が思っているよりしっかりしているのかもしれませんが、やっぱり親の立場からすると怖いです。

(;^_^A

 

僕には二つ年上の姉がいて、僕が一人で知り合いの家に行ったということを知って、姉も私も一人で行きたい!となり、親と知り合いさんの許可を得て私の後を追って電車に乗り、その日のうちにやってきました。

 

それが丸本チンタと姉のひとり電車デビューでした。

 

その日私と姉はそのお家で一泊し、翌日母親が迎えに来てくれました。

 

もっちゃんはまだ、ひとりでおつかいはやっていません。

 どこかで一人で行動する時がくるんでしょうね。

(;´▽`A``
 

.。o○o。.★.。o○o。.☆

私の本の感想を書いてくださったブロガーさん!
 ↓

せきらさん

せきらんdiary

http://ameblo.jp/sekiran417/entry-12159223957.html

京都在住のママブロガーさん。

娘さんのことを中心とした

日々の出来事を

ブログに書いておられます!

 

ご購入&ご感想

ありがとうございました!